産婦人科の選び方カテゴリの記事一覧

産婦人科の選び方

産婦人科の選び方

産婦人科選びのポイント

周囲の口コミや評判は大事ですが、産婦人科を選ぶのに最も大事なのは、自分に一番合った産婦人科を選ぶという事です。
口コミ、評判も当然のことながら、納得いくまで下調べして
希望に合った産婦人科を選んでください。


病院別産婦人科の種類
1.大学病院・総合病院

100床以上のベッド数があることになっている為、
医療関係者も多く、最新の設備が整っている。
緊急時の対応も早く、異常があった場合にも安心できる。
ただし、受診者が多く、待ち時間が長くなる可能性が高い。

2.産科専門病院

ベッド数20以上。小児科を併設している場合が多く、
設備や食事が充実している。
ただ、小児科を併設していることで、比較的待ち時間が
長くなる傾向にあり。

3.産科専門医院

ベッド数19以下。母子同室や母乳育児を推進している場合が多い。
医療関係者同士のコミュニケーションが取りやすく、
待ち時間もそれほど長くない。

4.助産院

産婦人科ではなく、助産婦が運営する分娩施設。
親切丁寧にアドバイスしている。
ただし、手術や検査など医療行為は一切行えない。


バースプランを立てよう

バースプランとは出産計画の事です。

自分がどのような出産をしたいかを考える事はとても大切です。
お産のことを知る上でもとてもとても重要です。

出産のイメージをつかむのにも必要な作業ですので、
素敵なバースプランを考えてみましょう。


産婦人科を選びましょう

産婦人科では、医師以外にも院内スタッフも出産に深く関わってきます。

様々なことを質問したり、待合室で他の妊婦さんから、
口コミ、評判、情報を集めていくのがよいでしょう。

医師によって考え方や対応も様々です。
気軽に相談でき、かつ納得のいく説明をしてくれるかが重要です。


産婦人科の施設も様々

全てを一つの部屋で行うLDR室や、あえて分娩台を置かない施設、
まるで自宅のような雰囲気で出産できる産婦人科もあります。

自分に合ったスタイルを見つけましょう。


産婦人科を変更する時

産婦人科を変えたいと思ったら、早めに産婦人科を転院しましょう。
その際は検査結果は必ずもらっておきましょう。
もらわなければ、繰り返し同じ検査を受ける事になってしまいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。